ケロログ
September 6, 2007, 5:59 am
J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV.1056 第2楽章 《アリオーソ》
♪歌うような旋律が美しい魅力的な小品

カンタータ第156番の中の有名な小曲「アリオーソ」が原曲の楽章です。
「ARIOSO-アリオーソ」とはイタリア語で
「叙唱風伴奏つきアリア。または“歌うように”」を意味します。

バッハの多くの旋律の中でも特に歌唱的で美しく
「G線上のアリア」などと共に、様々に
アレンジされて演奏されることも多い作品です。

「チェンバロ協奏曲第5番」はオーボエまたはヴァイオリン協奏曲が原曲です。
「アリオーソ」が転用された第2楽章は、主調(曲のキー)に戻らない
終わり方が印象的で、バロック時代特有の香りを漂わせています。

バッハの「チェンバロ協奏曲」は現代ではピアノ協奏曲として
演奏されることもあり、今回はピアノの音色でお届けします。



〜 この曲が入ったお薦めのCD 〜
バッハ・ピアノ・リサイタル
ブーニン(スタニスラフ)
EMIミュージック・ジャパン(2006-10-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5ピアノが抱きしめてくれるような




J.S.Bach:Concerto No.5 in F-minor for Harpsichord and Strings BWV.1056 2.-Largo  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by アンドウトワ at September 6, 2007, 5:59 am