ケロログ
April 28, 2008, 5:48 am
隣人を愛そう
礼拝メッセージタイトル 「隣人を愛そう」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの手紙第一3章16-18節
2008年4月27日 大野キリスト教会主日礼拝説教


真実な愛を知った私たち
イエス・キリストは、いのちを捨てるほどの愛で私たちを愛してくださいました。私たちが愛される資格のない、罪人であるにもかかわらず、です。この愛のゆえに、私たちも隣人を愛する者へと導かれます。しかも、その愛は言葉や口先だけのものではなく、真実な行いをもってあらわされるものです。


悲しみに寄りそう愛
ラザロの死に直面したイエス・キリストの姿は、このような隣人愛の見本です。兄弟の死を嘆き悲しむ姉妹を前にして、イエスは涙を流されました。この涙こそ、悲しむ者に寄りそう、真の友人の涙でした。
神の真実な愛をもつ、よき友人となることができるように、祈り求めましょう。


メッセージについて話し合ってみましょう
・神の真実な愛とはどのようなものですか。
・どのようにして、私たちもそのように愛することができますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 28, 2008, 5:48 amComments(2)TrackBack(0)
この記事へのコメント
遠藤忠雄
December 13, 2008, 8:37 pm 
テキストコメント
隣人とは、キリストは、兄弟とか家族ではなく、正に隣の人とと、聖書の喩え話で、通りかかった人が困っているその人を無条件で意識せずに素直に、自然に出来ること云っていたように思います。ですから敢えて隣人にその場所まで言って手を差し伸べることでもない。とみました。仏教に六波羅蜜の初めに布施があります。これはみかいりを求めないない愛、慈悲といわれます。キリストも佛陀も真理は一つで同じ考えです。汝の敵を愛せも同じこと。仏教では発句経に憎い人には憎しみをなくせばいいといいます。私しなども裏切られても、いやな奴と思いますが、嫌いとは感じません。でも傍にいないようにします。それが修行だと。
音声コメント
このコメントには音声はありません。
 
遠藤忠雄
March 18, 2009, 9:15 am 
テキストコメント
新約聖書はギリシャ語ですが、英語でもキリストが悟りを拓いた人であることが知れる。ギリシャ語、英語は交互に約されているからです。
By this we know love ,that he laid down his life for us ; and we ought to lay down our lives for the brethren
これをヨハネの手紙第一3章16-18節
 下記のように約した方が、悟るとは何かを良く理解でき、家族のために命を投げ出すような思い込みも起らない。
 このことによって(;の以降の、私たちが無意識の中に我々の命を隣に居る人のために投げ入れることにより)我々は、愛を知りえる。
 これは、道元の云う
「道元、得度」で検索してると、「自未得度先度他」という言葉が。 ... 「自分より他人を先に」という意味だそうです。 先に与えるのは、「救い」「さとり」のような大きなものでもありえるし、バスに乗る順番のようなささいなことでもありえる。
音声コメント
このコメントには音声はありません。
 
この記事にコメントを書き込む

この記事へのトラックバックURL

http://www.voiceblog.jp/tb.php/0323a356c6269626a30323831323231313