ケロログ
October 15, 2007, 5:06 am
150人151脚
「150人151脚」 使徒の働き9章26-28節
2007年10月14日 大野キリスト教会主日礼拝にて


1. キリストにある人生の回復
パウロは、熱心なユダヤ教徒であり、それゆえに教会を激しく迫害していました。しかし、迫害するために向かったダマスコへの途上でキリストに出会い、アナニヤの助けを借りて、キリストに従う新しい歩みを始めました(使徒9:1-19)。
イエス・キリストにあるならば、一番の反対者であった人物でさえ赦され、人生の回復を手にすることができるのです。

2. 信頼し受け入れる仲間
しかし、教会は迫害者であったサウロを受け入れることに困難を感じていました。当然のことでしょう。
バルナバ(慰めの子という意味)は、サウロを信じ、彼の歩みを引き受け、使徒たちとの間をとりもちました。それによって、教会はサウロが確かにキリストに出会って変えられたことを知り、仲間として迎え、ともに宣教の御業に励みます。
このようにして、教会はひとりの人生の回復を受け入れ、支援しながらともに歩む仲間なのです。


キリスト教牧師のまじめなお勉強ノート: 使徒の働き9章26-28節  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at October 15, 2007, 5:06 amComments(0)TrackBack(2)
October 9, 2007, 4:22 pm
本当の相手に向かって
「本当の相手に向かって」 使徒の働き6章1-6節
2007年10月7日 大野キリスト教会主日礼拝にて

教会の中での不協和音
初代教会は、財産を共有にして、お互いを助け合っていました。しかし、配給のことでヘブル語を話すユダヤ人とギリシャ語を話すユダヤ人の間に衝突がおきます。これは、単に話すことばの違いだけでなく、お互いに対する優劣の感情を含むものでした。
使徒たちは、自分たちが配給のことに細かに関わることを避け、公平に扱ってくれる、信頼できる人たちを選びます。そのことによって、使徒たちはみことばの宣教に専念でき、配給に対する不公平感も解消されました。


宣教をともに担うために
私たちは、大きな目標を目指して、しかも日常的な課題も抱えて生きています。そのどちらも、とても大切なことです。初代教会は役割分担をすることで、大きな目標を見失わず、日常的な課題も解決することができました。お互いの間の信頼関係を再確認し、協力し合うことができた結果です。

スタディーノート  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at October 9, 2007, 4:22 pmComments(0)TrackBack(0)
October 1, 2007, 4:52 am
シーツが教えてくれたこと
「シーツが教えてくれたこと」 使徒の働き11章1-4節
2007年9月30日 大野キリスト教会主日礼拝にて  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at October 1, 2007, 4:52 amComments(0)TrackBack(0)
September 18, 2007, 10:21 am
ひとつ屋根の下で
「ひとつ屋根の下で」 使徒の働き2章43-47節
2007年9月16日 大野キリスト教会主日礼拝にて
  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at September 18, 2007, 10:21 amComments(0)TrackBack(0)
September 10, 2007, 8:33 am
おめでとうございます
「おめでとうございます」 使徒の働き2章40-42節
2007年9月9日 大野キリスト教会主日礼拝にて
  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at September 10, 2007, 8:33 amComments(0)TrackBack(0)