ケロログ
February 18, 2008, 6:12 am
こんな大人になってほしい
「こんな大人になってほしい」ルカの福音書10章30-37節(新約聖書)
2008年2月17日 大野キリスト教会主日礼拝にて

1. 助けの手を伸ばす愛
イエスは、本当の愛とはどのようなものかをたとえ話で示しました。誰を愛すべきか、を決めることが大事なのではなく、ただ誠意をもって愛を示すことが求められているのです。サマリヤ人は、重傷のユダヤ人と関わる理由はありませんでしたが、自ら多くの犠牲を払って、助けの手を差し伸べたのでした。

2. 行って同じようにしなさい
愛とは尊いもの、愛し方を知っていることはただそれだけのこと。イエスが求められたのは、実際に愛することでした。そのためには、愛と勇気と信仰が必要です。
これからの人々が成長していくとき、このようにキリストにあってこそ実現できる生き方を、それぞれが選び取っていけるように、励まし、関わっていきましょう。

話し合ってみましょう
・イエスがこのたとえ話で教えた愛はどのようなものでしたか。
・キリストにある歩みとは、具体的にはどのような形であらわれるものだと思いますか。
--  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at February 18, 2008, 6:12 amComments(0)TrackBack(0)
February 12, 2008, 6:05 am
幸せな親子関係とは
「幸せな親子関係とは」 創世記45章8-11節 (旧約聖書)
2008年2月10日 大野キリスト教会主日礼拝にて

1. 偏った愛情のもたらしたもの
ヨセフの生涯は、波乱に富んだものでした。その一因は、兄弟の中でも彼を特別にかわいがってしまった父ヤコブの愛情です。兄弟たちはヨセフをねたみ、エジプトに売り渡してしまいました。
親の偏った愛情は、子どもたちの間に、大きな苦しみと傷を残したのです。

2. 神の手の中にある関係
しかし、やがてエジプトで大臣の位についたヨセフは、兄弟と劇的な再会をします。彼は兄弟を赦しただけでなく、父をも呼んで生活の一切を保証しました。それは、人の悪しき計らいを「良いことのための計らい」としてくださった神の御手があったからです(50:20)。
私たちもまた、不完全な関係ではあっても、なお神の御手の中で良きことに変えられることを信じ、歩みましょう。

話し合ってみましょう。
・ヨセフはなぜ兄弟を赦し、父を呼ぶことができたのでしょうか。
・あなたにとって、神の介入が必要な関係がありますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at February 12, 2008, 6:05 amComments(0)TrackBack(0)
February 4, 2008, 3:39 pm
結局、自分の人生
「結局、自分の人生」 ヨハネの福音書9章18-21節
2008年2月3日 大野キリスト教会主日礼拝にて

I. 信じない理由
イエスは、生まれつき目の見えなかった人をいやしました。このことの結果、ユダヤ人たちはイエスがどのような方であるのか、をめぐって議論し始めました。ある者たちは、神から出た方ではあり得ないと結論づけ、両親を問いただします。両親は、宮から追い出されることを恐れ、イエスについて詳しく証言することを拒みました。

II. 私が知っていること
それに対して、目が見えるようになった人は繰り返し、イエスによって見えるようになったことを証言しています。もちろん、彼はイエスがどのような方であるのか、詳しくは知りません。しかし、たとえ宮から追い出されることになったとしても、自分がイエスによって見えるようになったことだけは曲げることのできない事実だったのです。


話し合ってみましょう
・ユダヤ人、また両親が、ありのままのイエスを認めることができなかった理由は何ですか。
・あなたは、イエスをどのような方として知っていますか、それはなぜですか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at February 4, 2008, 3:39 pmComments(0)TrackBack(0)
January 28, 2008, 2:31 pm
いつまで我が子ですか
「いつまで我が子ですか?」 マタイの福音書20章20-22節(新約聖書)
2008年1月27日 大野キリスト教会主日礼拝にて


1. 子を思う母の姿
この箇所に出てくる「ゼベダイの子たちの母」とは、イエスの12弟子であるヤコブとヨハネの母、サロメを指しています。彼女は、イエスに対して、自分の息子たちを特別な立場においてくれるように頼み込みました。イエスがメシヤとして王国を築き上げることを期待して、2人の息子を特別に優遇して、権力ある地位につかせてくれるように頼んだのです。このことは、子のこれからの歩みを思う親心であり、同時にこの出世を誉れに思う親心でもありました。


2. 神に取り扱われる子の姿
その願いに対して、イエスはヤコブとヨハネに語りかけます。もはや、イエスと子を思う親の間のことではなく、イエスとイエスに従おうとする息子たちとのことであったのです。どの親も、子どもの代わりに神との関係を結ぶことはできません。何を求め、そのために何をするのか、それを決断し実行していくのは一人一人の責任です。

話し合ってみましょう
・ヤコブとヨハネの母親は、どんなことを願っていたのでしょうか。
・あなたにとって、自分の歩みの目標はどのようなものですか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 28, 2008, 2:31 pmComments(0)TrackBack(0)
January 21, 2008, 5:05 am
子どもに遺したいもの
「子どもに遺したいもの」エペソ人への手紙6章1-3節
2008年1月20日 大野キリスト教会主日礼拝にて


1. 子が親を敬うべき理由
聖書が子どもたちに対して「父を母を敬いなさい」と教えるのには、理由があります。それは常識的に正しいと考えられているだけではなく、神の約束を伴うものだからです。父と母を敬う者は、幸せになり、長生きする、と言われています。親は、それだけのよいものを子どもたちにもたらす存在なのです。


2. 親が子に遺すもの
親は子どもに大きな愛を注ぎ、大切な教えを与え、養い、導きます。子どもにとって、親は神の代理人であり、親に対するイメージは、多くの場合、神に対するイメージに直結します。親が子に伝えるべきことは、絶対者なる方が、わたしたちのすべてを愛をもって導いておられることです。


話し合ってみましょう
・神と人間の親とは、どのような点が共通していますか。
・あなたの実際の行動は、周りの人にどのような神の姿を伝えているでしょうか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 21, 2008, 5:05 amComments(1)TrackBack(0)
January 16, 2008, 6:25 am
一生のゴールは?
「一生のゴールは?」 創世記1章26-28節
2008年1月13日 大野キリスト教会主日礼拝にて

親と子の関係を考えるとき、神が人をどのようなものとして意図されたのかを知ることは、大きな助けになります。

神に似た者として
神は、人を神のかたちに創られました。それは、人間が知性と感情と意志を持った、価値ある存在であることを示しています。

地を治める者として
神は、人を力あるものとして創られました。それによって、地を従えて管理し、治める役割を託されたのです。

関係の中に生きる者として
神は、人を関わりの中で生きる者として創られました。神と、そして人と、親しく交わる相互関係の中で歩むように生かされています。

人間の健全な成長とは、このような神の意図に基づく人間性を養われていくことです。


話し合ってみましょう
・聖書は、神が人間をどのような存在として意図されたことを記していますか。
・あなたは、どのような人になりたいと願っていますか。それは、神の意図と照らし合わせると、どう理解できますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 16, 2008, 6:25 amComments(0)TrackBack(0)