ケロログ
March 24, 2008, 4:43 pm
史上最高の贈り物
礼拝メッセージタイトル 「史上最高の贈り物」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの福音書15章13-16節
2008年3月23日 大野キリスト教会イースター礼拝説教


「神は、実にそのひとり子をお与えになるほどに世を愛された」とのみことばのとおり、神はイエス・キリストの十字架と復活をとおし、私たちの罪の赦しを実現しました。
私たちは、この神の愛を身に受け、大切な人々を愛するように命じられています。


愛を受ける友
いのちをも惜しまずに与える愛、それはイエス・キリストが私たちを友と呼び、与えてくださったものです。本来、そのような価値のない者にさえ、恵みを与えてくださったことを感謝しましょう。


同じ思いをもつ友
さらに、キリストは同じ愛をもって人々の間に出て行くように、私たちに命じます。父なる神のみこころを知り、思いをあわされ、私たちをとおして神の御業がなることで、神の栄光が表されるのです。



メッセージについて話し合ってみましょう。
・愛の大きさはどのようにして測ることができますか。
・あなたの愛の源はどこにありますか。なぜ、あなたは愛することができるのでしょうか。


  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at March 24, 2008, 4:43 pmComments(0)TrackBack(0)
March 17, 2008, 8:16 am
実を結ぶ生き方
礼拝メッセージタイトル 「実を結ぶ生き方」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの福音書13章12-15節
2008年3月16日 大野キリスト教会 主日礼拝説教


もし、最後の晩、大切な人に何かを伝えるとしたら、あなたならどんなことを伝えますか?イエス・キリストは、弟子たちの足を洗うことによって、弟子たちを愛していることと、互いに愛し合うべきことを伝えました。


わたしがあなたがたの足を洗った
キリストご自身が仕える者の姿をとり、弟子たちのために足を洗われました。罪の赦しときよめのために、自らのいのちを与えられることの象徴でもありました。キリストの愛は、相手のために失う愛であり、与える愛でした。


あなたがたもまた互いに
キリストは、このことを弟子たちがまねるべき模範として示されました。キリストと同じように、与え、仕える愛をもって、互いに助け合うべきだと教えられたのです。愛された者として、愛する者に変えられていくことです。


礼拝メッセージについて話し合ってみましょう
・キリストは足を洗うことによって何を教えられましたか。
・あなたにとって、足を洗われることはどのようなことを意味していますか。
  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at March 17, 2008, 8:16 amComments(0)TrackBack(0)
March 10, 2008, 8:35 am
尽きることのない力の源
礼拝メッセージタイトル 「尽きることのない力の源」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの福音書15章1-5節
2008年3月9日 大野キリスト教会 主日礼拝説教

普段は順調なのに、ときどき思いがけないことが起こり、めいいっぱいになってしまう。そんなことはありませんか?そんな私たちが手にすることのできる、尽きることのない力の源を紹介します。

わたしにとどまりなさい
キリストは、実り豊かな人生を歩むために、わたしにとどまりなさい、と勧めました。私たち自身の心がけや行い、努力や才能は、限られています。しかし、キリストにつながっていることによって、豊かな実を結ぶことができます。

わたしは平安を与えます
キリストは、一般的に手にする平安以上の平安を与えると言われました(14:27)。これから、ご自身は弟子たちを後に残し、十字架にかかるにもかかわらずです。何事にも脅かされない、神の大きな平安を与えると約束できるのは、キリストだけです。

礼拝メッセージについて話し合ってみましょう

・人間的なものを頼りにするとき、どんな限界が考えられますか。
・あなたは、尽きることのない力の源を手にすることを求めていますか。
  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at March 10, 2008, 8:35 amComments(0)TrackBack(0)
March 3, 2008, 5:44 am
やっと開かれた扉
礼拝メッセージタイトル 「やっと開かれた扉」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの福音書14章1-7節
2008年3月2日 大野キリスト教会主日礼拝説教


毎日の歩みについて、これでいいのだろうか、と考えたことがありますか?あるいは、大きな転機を迎えたとき、どのような歩みを選び取ることになると思いますか?聖書から歩むべき確かな道を知ることは、私たちにとって大きな助けとなります。

イエス・キリストは真理の道です
キリストは偽りの救い主の汚名を着せられて、捕らえられます。しかし、この方は父のもとから来て地上を歩まれ、神の愛と真理を明らかにされた方です。

イエス・キリストはいのちの道です
キリストは、この後、十字架にかけられ死にます。しかし、この方は3日後に復活されました。私たちにも永遠のいのちを与えてくださる方です。


礼拝メッセージについて話し合ってみましょう
・「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです」とはどのような意味ですか。
・あなたはどのような人生の道を歩むことを望んでいますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at March 3, 2008, 5:44 amComments(0)TrackBack(0)