ケロログ
May 4, 2009, 5:22 am
わたしたちの礼拝
礼拝メッセージタイトル 「わたしたちの礼拝」
メッセージ聖書箇所 ヨハネ4章23-24節
2009年5月3日 大野キリスト教会主日礼拝説教


神が礼拝者を求めておられる
<井戸に水を汲みにきたサマリヤの女性との会話で、キリストは礼拝の本質について説き明かしました。父なる神が、霊とまことによる真の礼拝者を求めておられるというのです。問われているのは、人種や文化の区別ではなく、キリストがこられたことによってはじめて実現可能となった、父なる神への礼拝者が求められています。 /dd>
霊とまことによって
霊とまことによる礼拝とは、ある意味で、私たちの礼拝「行為」(=賛美、祈り、献金など)が、単なる行為ではなく、霊的なものであることを意味します。同時に、神の息吹をもっていのちを与えられた人間であればこそ、具体的な行為を霊的なものとして神に捧げることができることを意味します。キリストによって神との関係を回復されるとき、私たちは真の礼拝者となるのです。

話し合ってみましょう。
  • 聖書は、礼拝をどのようなものだと記していますか。
  • あなたは、神さまにむかって、どのような思いで礼拝を捧げようとしていますか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at May 4, 2009, 5:22 amTrackBack(0)
April 27, 2009, 4:45 am
わたしたちの聖書
礼拝メッセージタイトル 「わたしたちの聖書」
メッセージ聖書箇所 テモテへの手紙第二3章14-17節
2009年4月26日 大野キリスト教会主日礼拝説教


愚かな失格者にならぬように
真理を知った者が、あらゆる迫害などにも関わらず、信仰の確信にとどまるように勧められています。つまり、聖書をとおして明らかにされる神の救いの約束を握りしめ、それを失ってしまうことがないように、という勧めです。聖書は、私たちの永遠の歩みを定める、大切なことを教えてくれています。

整えられた者になるように
同時に、聖書は私たちの成長のため、「教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益」とも言われています。それぞれの能力を増し加えるため、というよりは、神が用いられやすい整えられた者になることが目標です。神と同じ側に立ち、神と人とに仕える者となるために、大いに霊的な養いを受けましょう。

話し合ってみましょう。
  • 聖書には、どのようなことが書かれていますか。
  • あなたは、どのように聖書に親しみ、それによって導かれることを願っていますか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 27, 2009, 4:45 amTrackBack(0)
April 20, 2009, 5:20 am
わたしたちの教会
礼拝メッセージタイトル 「わたしたちの教会」
メッセージ聖書箇所 エペソ人への手紙1章20-23節
2009年4月19日 大野キリスト教会主日礼拝説教


呼び集められた者たち
エクレシアということばで表される教会は、神によって「呼び集められた人々」を意味しています。他のすべての人々と何ら変わりないにも関わらず、神の招きと導きによって、神の民に加えられることができるのです。罪人であり、神の民である者たちの集まりが教会です。

キリストは教会のかしら
このような教会は、キリストをかしらとする集まりです。イエス・キリストは、よみがえられて天にあげられ、すべての権威と力を与えられて、一切を治めています。この方こそ、私たちの主であり、教会を教会たらしめているお方です。教会は、キリストの権威によって、この地に存在し、神の働きを託されています。

話し合ってみましょう。
  • 教会とはどのような集まりですか。
  • あなたにとって、教会はどのような意味をもっていますか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 20, 2009, 5:20 amTrackBack(0)
May 5, 2008, 4:32 am
次の一歩を踏みだそう
礼拝メッセージタイトル 「次の一歩を踏みだそう」
メッセージ聖書箇所 ペテロの手紙第二3章18節
2008年5月4日 大野キリスト教会主日礼拝説教


イエス・キリストにあって与えられる新しい歩みでは、他のどのようなものでも手に入れることのできない、すばらしい歩みが約束されています。


召しから始まる成長の道
わたしたちの信仰の歩みは、神の召しによって始まりました。それは、やがて神のご性質にあずかる者となるまで、成長していくものです。(1:4)信仰から始まる歩みが、さまざまな徳を加えられて愛の完成に至るまで、わたしたちは神の約束と導きの確かさを知り続けて成長するのです。(1:7-8)


恵みと知識において
このような成長は、神の恵みによって一方的に与えられます。と同時に、神の約束と導きを、具体的な生活の中で知り続けていくことが必要となります。それぞれに与えられた歩みに、真剣に取り組んで行きましょう。



メッセージについて話し合ってみましょう
・信仰の成長のプロセスとは、どのようなものですか。
・あなたにとって次の一歩はなんですか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at May 5, 2008, 4:32 amComments(0)TrackBack(0)
April 28, 2008, 5:48 am
隣人を愛そう
礼拝メッセージタイトル 「隣人を愛そう」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの手紙第一3章16-18節
2008年4月27日 大野キリスト教会主日礼拝説教


真実な愛を知った私たち
イエス・キリストは、いのちを捨てるほどの愛で私たちを愛してくださいました。私たちが愛される資格のない、罪人であるにもかかわらず、です。この愛のゆえに、私たちも隣人を愛する者へと導かれます。しかも、その愛は言葉や口先だけのものではなく、真実な行いをもってあらわされるものです。


悲しみに寄りそう愛
ラザロの死に直面したイエス・キリストの姿は、このような隣人愛の見本です。兄弟の死を嘆き悲しむ姉妹を前にして、イエスは涙を流されました。この涙こそ、悲しむ者に寄りそう、真の友人の涙でした。
神の真実な愛をもつ、よき友人となることができるように、祈り求めましょう。


メッセージについて話し合ってみましょう
・神の真実な愛とはどのようなものですか。
・どのようにして、私たちもそのように愛することができますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 28, 2008, 5:48 amComments(2)TrackBack(0)
April 21, 2008, 5:01 am
参加意識をもとう
礼拝メッセージタイトル 「参加意識をもとう」
メッセージ聖書箇所 ペテロの手紙第一 2章9-10節
2008年4月20日 大野キリスト教会主日礼拝説教

与えられた新しい立場
私たちは、神のあわれみの中で、神の側に立って歩む者とされました。そのことは、「選ばれた種族」「王である祭司」「聖なる国民」「神の所有とされた民」と表現されています。

「それが何になりましょう」
神の側に招かれたということは、神の大いなる御業に用いられる者となったことを意味します。もちろん、わたしたちは「それが何になりましょう」(ヨハネ6:9)というような存在です。しかし、神の御手によれば、御業のお役に立つことができるのです。


メッセージについて話し合ってみましょう。
・私たちはどのようにして新しい立場を手に入れましたか。
・神さまはどのようにあなたを用いようとされていますか。
  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 21, 2008, 5:01 amComments(0)TrackBack(0)
April 14, 2008, 5:12 am
仲間を大切にしよう
礼拝メッセージタイトル 「仲間を大切にしよう」
メッセージ聖書箇所 ヘブル人への手紙10章23-25節
2008年4月13日 大野キリスト教会主日礼拝説教

この手紙を受け取った人々は、当時、信仰ゆえの苦難を受け、挫折してしまいそうになっていました。しかし、神の導きは確かであることが記され、希望を失わないように、と勧められています。

お互いのために
信仰者たちが、すでに与えられている確信に基づいて、お互いに勧め合い、注意し合い、励まし合うように、教えられています。お互いに顔を合わせ、言葉を交わす身近な存在として、主にある希望を示し合うことが大切です。

ダビデとヨナタン
ダビデがサウル王にいのちを狙われたとき、助けとなったのは、王の息子ヨナタンでした。ヨナタンは「何でもあなたのためにしましょう」と言って、サウル王の手からダビデを救い出すのです。このように、良き助け手となり、また良き助け手を得て、信仰生活を歩みましょう。


礼拝メッセージについて話し合ってみましょう
・なぜ私たちは信仰の助け手を必要とするのでしょうか。
・あなたにとって、誰が信仰の助け手ですか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 14, 2008, 5:12 amComments(0)TrackBack(0)
April 7, 2008, 5:07 am
みことばに親しもう
礼拝メッセージタイトル 「みことばに親しもう」
メッセージ聖書箇所 詩篇119篇105-107節
2008年4月6日 大野キリスト教会主日礼拝説教

詩篇119篇は神の教えを手にし、それに従って歩む者の幸いを歌っています。

私の足のともしび
みことばは、神に従って歩むべき道を見出し、危険を避けて生きるために与えられています。このような教えを自分のものとして歩むとはなんと幸いなことでしょう。事実、ユダヤ人たちは、神によって律法というおきてを与えられていることを最大の誇りにしていました。

みことばのとおりに
みことばを受け取る私たちは、その有益な教えのとおりに歩むなら、実り豊かな歩みを手にすることができます。そのために、日々語りかけられるみことばが自分にとってどのような意味を持つか、よく考え、取り組んでいくことが大切です。


礼拝メッセージについて話し合ってみましょう
・みことばに親しむことは、あなたにとってどのような意味がありますか。
・みことばに親しむために、どのような方法が考えられますか。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at April 7, 2008, 5:07 amComments(0)TrackBack(0)