ケロログ
November 27, 2008, 2:51 pm
争わないだけではない
礼拝メッセージタイトル 「争わないだけではない」
メッセージ聖書箇所 マタイ5章21-22節
2008年11月23日 大野キリスト教会主日礼拝説教


イエスは、十戒の第六戒「殺してはならない」を引き合いに出し、さらに本質的な基準によって「怒り」そのものを戒められました。ささいな怒りの表現も、大きな罰を免れないことが示されています。

兄弟と仲直りをしなさい
さらに、和解が勧められています。というのは、イエスにある者の本質は単に争わないだけでなく、和解にあるからです。怒りではなく、愛が心にあればこそ、お互いの間に和平をもたらすことができるのです。

話し合ってみましょう。
  • イエスは、なぜ怒ることさえ禁じられたのでしょうか。
  • あなたは、どうやって人との間に和平を作り出すことができると思いますか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at November 27, 2008, 2:51 pmTrackBack(0)
September 8, 2008, 6:15 am
関わりを熱望される神
礼拝メッセージタイトル 「関わりを熱望される神」
メッセージ聖書箇所 ヨハネの福音書8章31-32節
2008年9月7日 大野キリスト教会主日礼拝説教


真理はあなたがたを自由に
イエス・キリストは、ご自分が救い主であることを信じたユダヤ人に対し、罪の奴隷である状態から解放されて、自由にされることを明らかにします。アブラハムの子であることを自負しながら、律法に縛られた歩みからの解放です。

与えられた自由は、神の栄光をあらわすために、用いられるものです(Iコリント6:20)。自分勝手な歩みのために使って、人生をムダにすることがあってはいけません。
神と人とに、自由に、大胆に仕えて歩むとき、さらにすばらしい信仰の歩みを手に入れることができます。

話し合ってみましょう。
    キリストが与える自由とは、何を意味していますか。
  • あなたにとって、新しい歩みの目標は何ですか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at September 8, 2008, 6:15 amTrackBack(0)
September 1, 2008, 6:17 am
すべてのものの創り主なる神
礼拝メッセージタイトル 「すべてのものの創り主なる神」
メッセージ聖書箇所 Iヨハネ2章2節
2008年8月31日 大野キリスト教会主日礼拝説教


わたしを通してでなければ
イエスは、人間が父なる神のもとに迎えられ、安らぐためには、ご自分を通して以外に手段のないことを示されました(ヨハネ14:6)。なぜなら、イエスこそが父なる神の真理を明らかにするお方であり、滅びゆく人間に命を与えることのできる方だからです。

わたしを通してであれば
イエスを通してでなければ、と救いの手段を限定することは、キリスト教が排他的であるという批判につながります。しかし、神は誰ひとり滅びることを望まれず、キリストによってすべての人に救いの道を開かれました。私たちは、誰ひとり自らの手で救いを得ることができないにも関わらず、ただ神のあわれみによって救われうるのです。

話し合ってみましょう。
  • イエスが「わたしを通してでなければ」と言われたのはどのような意味でしたか。
  • あなたにとって、救いを手にする道はどのようなものですか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at September 1, 2008, 6:17 amTrackBack(0)
August 25, 2008, 5:10 am
赦されぬ罪を赦す神
礼拝メッセージタイトル 「赦されぬ罪を赦す神」
メッセージ聖書箇所 詩篇103篇1-5節
2008年8月24日 大野キリスト教会主日礼拝説教


罪を赦される方
聖書は、すべての人が罪人であることを記しています(ローマ3:10)。しかし、それは人を罪のゆえに滅びに定めるためではありません。神が罪を赦し、滅びより救うことを示すためです。神は、罪がもたらす下降線の歩みから私たちを解放し、良いものの満ち足りる人生の回復(上昇)を与えてくださいます。

罪を赦された喜び
ですから、私たちはその恵みを覚え、あふれるばかりの感謝を神に向かってささげます。多くを赦された者が、多くの感謝を捧げることは、当然のことです(例 ルカ7:36-)。高価な犠牲をもって買い取られた者は、自らの歩みによって、大いに神の栄光をあらわします。

話し合ってみましょう。
  • 神は、私たちの罪をどのようにされようとしていますか。
  • それに対して、あなたはどのようにこたえようとしていますか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at August 25, 2008, 5:10 amTrackBack(0)
August 19, 2008, 4:56 am
「いのちの価値を与える神」
礼拝メッセージタイトル 「「いのちの価値を与える神」」
メッセージ聖書箇所 イザヤ書43章1-4節
2008年8月17日 大野キリスト教会主日礼拝説教


私たちが考えるいのちの価値
多くの場合、わたしたちは幸福な人生に価値があると考えます。不幸であれば、生きている意味や価値がない、と思い、能力がある、尊敬できる人こそ価値がある人間だと思います。
そのような中で、私たちの間に優劣が生じ、ひとりひとりの人の存在が軽んじられたり、傷つけられてしまうことは、けっして許されないことです。

いのちの価値を決める方
私たちのいのちの価値を決める方は、いのちを形作ってお与えくださった神さまご自身です。神のかたちに創られた私たちひとりひとりは、「高価で尊い」と言われる存在だとされています。どのような歩みであるかを問わず、ひとり子さえも惜しまずにお与えになるほどに、大切なものとして扱ってくださるのです。

話し合ってみましょう。
  • いのちの価値はどのようにして決まるのでしょうか。
  • あなたは、生きる喜びをどのようにして見出すことができるでしょうか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at August 19, 2008, 4:56 amTrackBack(0)
August 11, 2008, 5:12 am
未来を司る神
礼拝メッセージタイトル 「未来を司る神」
メッセージ聖書箇所 詩篇37篇1-6節
2008年月日 大野キリスト教会主日礼拝説教


詩篇に詠われているとおり、誠実に善を行い、主に信頼するならば、主がわたしたちの願いを聞いてくださる、これがわたしたちの確信です。
見るべき現実を見つめる
しかし、それで自動的に未来の祝福が成就するなどと、錯覚してはいけません。預言者エレミヤの時代のように、安易な楽観論で自らの身に滅びを招くようなことがあってはならないのです。絶えず、神の基準で自分の歩みを見張り、恵みの必要性を覚えることが大切です。

キリストがわたしたちの未来を
わたしたちの未来を良いものとして約束するのは、救い主イエス・キリストの恵みです。罪深い、神にふさわしくない者さえも、十字架の恵みにより、赦し、受け入れ、祝福してくださいます。だからこそ、「にもかかわらず」私たちは明るい未来を希望とすることができるのです。

話し合ってみましょう。
  • 聖書は、明日の祝福のためにどのように歩むべきだと教えていますか。

  • あなたがそのように歩むために、もっとも大切なことはなんですか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at August 11, 2008, 5:12 amTrackBack(0)