ケロログ
February 2, 2009, 4:56 am
神の目で見てみると
礼拝メッセージタイトル 「「神の目で見ると」」
メッセージ聖書箇所 創世記45章3-4節
2009年2月1日 大野キリスト教会主日礼拝説教


兄たちのその後
ヨセフをエジプトに売り渡した兄たちは、父の嘆き悲しみを見て、また降りかかる災いの数々の中で自分たちの歩みを振り返って、ひどく後悔しました。(42:21)そして、もう一人の弟ベニヤミンに危機が及ぶと、兄たちは自分たちの身を差し出してまで、ベニヤミンを助けようとしました。(44:33)

神の御業に驚くこと
兄弟たちは、エジプトで大臣となったヨセフと再会します。神があわれみ深くなされた御業に、驚きのあまり声もありません。20年経ってなお、父ヤコブの死に際して、兄たちはヨセフの仕返しを恐れます。そのときもまた、神の御業であることが語られ、神に信頼すべきことが強調されます。(50:20)

話し合ってみましょう。
  • ヨセフの兄弟たちがこれらの経験から学んだことは何でしたか。
  • あなたの歩みが怒りで満たされてしまわないために必要なことは何ですか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at February 2, 2009, 4:56 amTrackBack(0)
January 26, 2009, 2:13 pm
人間の目で見ていると
礼拝メッセージタイトル 「人間の目で見ていると」
メッセージ聖書箇所 創世記37章3-4節
2009年1月25日 大野キリスト教会主日礼拝説教


いつもある不平等
ヨセフは、父ヤコブの愛を受ける、特別な存在でした。兄弟たちは、このことでヨセフをねたみます。残念ながら、私たちの歩みには、いつも不平等がつきまといます。そのとき、それを誇ったり、あるいは相手を引きずりおろそうとすることは愚かなことです。というのは、思ったような結果を引き出すことはないからです。

不平等をどう生きるか
私たちがすべきことは、誇ったり、競って相手を攻撃したりすることではなく、自分の歩みに取り組むことです。多くを与えられた者は、多くの責任を求められます。(ルカ12:48)少なく与えられた者は、それを有効に活かす術を見つけるべきです。

話し合ってみましょう。
  • ヨセフの兄たちの気持ちはどのようなものでしたか。
  • あなたは、不平等の中でどう生きることが求められていますか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 26, 2009, 2:13 pmTrackBack(0)
January 19, 2009, 8:43 am
兄弟が争うとき
礼拝メッセージタイトル 「兄弟が争うとき」
メッセージ聖書箇所 創世記25章21-23節
2009年1月18日 大野キリスト教会主日礼拝説教


神の祝福はどこへ
エサウとヤコブは、対照的な双子の兄弟でした。しかし、不思議な神の選びにより、兄が弟に仕えるように定められていました。兄エサウは神の祝福に無関心で長子の権利を放棄します。弟ヤコブは巧みに神の祝福を自分のものとしてだまし取ります。父イサクがエサウに残された祝福はないことを告げると、エサウは涙を流し、弟ヤコブを恨み、殺すことを決意したのでした(27:30-)。

20年後の和解に至るまで
その後、弟ヤコブはパダン・アラムへ逃れます。兄エサウは、家族を増し加え、財をなし、自分の生活を築きます。そして20年後、へりくだって和解を求めるヤコブを快く迎え、ともに涙を流したのでした(33:4)。理不尽に思える兄弟の歩みの中で、それでも和解が与えられたことは、驚くべきことです。

話し合ってみましょう
  • エサウの歩みはどのような歩みだったということができますか。
  • あなたが日陰の人生を歩んでいるように感じるとき、どのようなことを心にとめることが必要でしょうか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 19, 2009, 8:43 amTrackBack(0)
January 12, 2009, 6:30 am
ねたみがもたらすもの
礼拝メッセージタイトル 「ねたみがもたらすもの」
メッセージ聖書箇所 創世記4章3-5節
2009年1月11日 大野キリスト教会主日礼拝説教


兄弟の争いの火種
カインとアベルという二人の兄弟は対照的な歩みをし、それぞれの捧げものを神の前に持ってきます。弟アベルの捧げものは最良のもので、心のこもったものでした。神がアベルの捧げものに目を留められると、兄カインはそのことに対して怒りを燃やしました。

罪ある心を治める
弟アベルに対するねたみは、兄カインに次の行動を迫ります。神さまは、カインに対し「なぜ?」と問いかけ、怒りに身を任せる罪の誘惑を示し、それに陥らないように語りかけます。 怒りがさらなる罪の入口になってしまう現実を認識し、私たちの心を支配する神に導いていただきましょう。

話し合ってみましょう。
  • ・カインは何に怒り、その結果、どのような行動をとりましたか。
  • ・あなたにとって、怒りが怒り以上にならないために、必要なことは何ですか。

  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at January 12, 2009, 6:30 amTrackBack(0)