ケロログ
July 20, 2009, 6:43 am
誇り高き神の民
礼拝メッセージタイトル 「誇り高き神の民」
メッセージ聖書箇所 ダニエル書1章8-14節
2009年7月19日 大野キリスト教会主日礼拝説教


神に従わない民の中に
バビロンの王ネブカデネザルは、ユダから将来のある少年たちを捕らえ移し、しもべとしようとしました。その中に、ダニエルとその仲間たちがいました。王は彼らにもともとの名前とは違う名前を付け、良い生活と教育を約束して、養育しようとしたのです。しかし、ダニエルとその仲間たちは、イスラエルのまことの神を忘れてはいませんでした。

まことの神の養い
彼らは、王の出す食事を避けるべきものと考え、野菜と水を与えてくれるように願い出ました。神に信頼してのことです。10日後の彼らの様子は、王のごちそうを口にしていた少年たちよりも、顔色が良く、元気だったと言われています。つまり、何を食べるか、飲むか、よりも、誰がわたしたちを養うか、こそが重要なことなのです。

話し合ってみましょう。
  • なぜダニエルと仲間たちは、王の提供するごちそうを拒んだのでしょうか。
  • いまのあなたにとって、神に従うとは、どのようなことでしょう。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at July 20, 2009, 6:43 amTrackBack(0)
June 8, 2009, 1:33 pm
ただ神に栄光が
礼拝メッセージタイトル 「ただ神に栄光が」
メッセージ聖書箇所 歴代誌第一17章3-8節
2009年6月7日 大野キリスト教会主日礼拝説教


ダビデ王の願い
16章では、神の臨在の証である契約の箱が、天幕の真中に安置されました。ダビデはさらに、神が住まわれるための神殿を建設したい、と預言者ナタンに相談します。これは、イスラエルの民が、古くから願っていたことで、ようやく実現の可能性が見えてきたところでした。

神のみこころ
確かに、ダビデの動機も、進め方も不適切なものではありません。しかし、神はそのダビデの計画に待ったをかけられました。神ご自身が主導権をもって導かれることが示され、神殿の建設は次世代へと持ち越されます。ダビデは、自分自身に与えられている力を備えのために使うように導かれたのです。

話し合ってみましょう。
  • ダビデは、自分が神殿を建設しないことについて、どのように受け止めましたか。
  • あなたは、自分自身の力をどのように用いようとしていますか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at June 8, 2009, 1:33 pmTrackBack(0)
May 18, 2009, 8:31 am
頼るべき力
礼拝メッセージタイトル 「「頼るべき力」 」
メッセージ聖書箇所 Iサムエル記17章37-40節
2009年5月17日 大野キリスト教会主日礼拝説教


強い相手と戦うなら
少年であったダビデは、イスラエルの前に立ちはだかるペリシテ人ゴリアテと戦うことになります。人間的に見れば、あまりにも差があり、勝ち目のない戦いです。サウル王はダビデの身を案じ、自分の武具を渡して、できるかぎりの武装をさせようとしました。サウルの行動の根底には、強い相手に勝つためには強い力が必要、という考えがありました。

主がともにおられるなら
しかし、そのような武具に慣れていないダビデは、いさぎよく武装をはずして、いつもの石投げを手にします。ダビデの行動の根底には、主がともに戦い、勝利をおさめさせてくださる、との信頼がありました。つまり、相手が野の獣であろうが、巨人であろうが、主がともにおられるので、問題ではなかったのです。

話し合ってみましょう。
  • ダビデは、何を頼りにゴリアテと戦おうとしていましたか。
  • あなたは、毎日の生活で何を頼りにしていますか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at May 18, 2009, 8:31 amTrackBack(0)