ケロログ
August 3, 2009, 5:24 am
揺るがない信頼
礼拝メッセージタイトル 「揺るがない信頼」
メッセージ聖書箇所 ダニエル書6章10-13節
2009年8月2日 大野キリスト教会主日礼拝説教


いつものように
ダニエルは優れた人物であり、ダリヨス王は全国を治める職に就かせました。しかし、そのことをおもしろくなく思う人たちがあり、罠を仕掛けます。王以外に対して祈願するならば、獅子の穴に投げ込まれるというのです。ダニエルは、それでもいつものように神に祈り、感謝しました。

確かな神の守りがある
ダリヨス王は、ダニエルを救おうとしますが、命令を撤回することはできません。かろうじて声をかけて言った言葉は「あなたがいつも仕えている神が、あなたをお救いになるように」でした。そのとおり、ダニエルは獅子の穴に投げ込まれましたが、傷ひとつおうことはありませんでした。確かな神の守りがあったからです。

話し合ってみましょう。
  • いつものように、といわれているダニエルの姿勢はどのようなものでしたか。
  • あなたにとって、いつも主に信頼するとはどのようなことでしょうか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at August 3, 2009, 5:24 amTrackBack(0)
July 27, 2009, 4:43 am
強い決意はどこから?
礼拝メッセージタイトル 「強い決意はどこから?」
メッセージ聖書箇所 ダニエル書3章13-18節
2009年7月26日 大野キリスト教会主日礼拝説教


この像を拝め!
バビロンの王ネブカデネザルは、自分の権力の象徴である金の像をつくり、人々にこれを拝むことを強要しました。シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴも、この命令に聞き従うことを求められました。そうでなければ、燃える炉の中に投げ込むといわれています。

いいえ、拝みません!
しかし、少年たちは、偶像礼拝の命令を拒否しました。これこそが、自分たちが捕囚となってしまった理由であり、その過ちを繰り返すことはしませんでした。その根底には、まことの生ける私たちの神が、どんな困難から出さえも救い出してくださる、という確信があったのです。

話し合ってみましょう。
  • 3人の少年たちは、なぜ王の命令を拒否したのでしょうか。
  • あなたは、神に従うかどうか、という選択を求められる状況に直面したことがありますか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at July 27, 2009, 4:43 amTrackBack(0)
July 13, 2009, 6:02 am
神の民の過ち
礼拝メッセージタイトル 「神の民の過ち」
メッセージ聖書箇所 エレミヤ25章7-9節
2009年7月12日 大野キリスト教会主日礼拝説教


神の民として導かれながら
イスラエルは、サウル、ダビデ、ソロモンといった王のもとに繁栄をきわめる王国を建てあげました。その歩みの中で、神を忘れ、罪の歩みを積み重ねてしまいます。預言者たちが再三にわたって悔い改めを迫る声も聞かず、その歩みはますます偶像礼拝をはじめとする罪に傾いていってしまいます。

神に立ち返らせるために
神は、当時の強国バビロンを用いて、その王ネブカデネザルによってエルサレムを滅ぼされます。民はバビロンに捕囚として捕らえられ、ダニエルとその仲間たちも少年でありながら、王宮に仕える者とされてしまいます。これは神の民に対する裁きであると同時に、なおも神のもとに立ち返るための招きでもあり続けました。

話し合ってみましょう。
  • 神の民が捕囚になってしまうという現実は、民のどのような歩みが引き起こしてしまったものでしたか。
  • あなたは、神の語りかけを拒んで、罪の歩みを選びとってしまったことがありましたか。

  
download

通報する
Posted by 中澤信幸(大野キリスト教会牧師) at July 13, 2009, 6:02 amTrackBack(0)