ケロログ
 


ポチっと☆クリックしてやってください
元気をいただきます☆

>にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
2016年02月
最新記事へ
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
<<前月
新〜声の空間〜
プロフィール
朗読、音訳を通して、声に出して本を読む楽しさを感じています
未熟ですが、作品の心に少しでも沿うことが出来れば、と思っています 一人でも多くの方に聴いて頂けたら大変嬉しく思います
また、作品中には、現代では不適切とされる表現や言語がありますが、原文のまま朗読させて頂きますことを、ご了承ください

坪井祐実
October 17, 2012, 9:41 am
〜声の空間〜兇悗
みなさん こんにちは
長い間
坪井祐実の〜声の空間〜を応援していただいて
心から感謝しています
このURL
http://www.voiceblog.jp/hana-sumire24/は
やはり不具合から抜けられないようで
同じケロログさんで
新たに移動することにしました
過去作品も少しだけ
徐々に引越ししたいと思っています

またseesaaの方にも作品を移動していますので
よかったら覗いてみてください
http://hana-sumire.seesaa.net/?1350537613
  
通報する
Posted by yumi at October 17, 2012, 9:41 am
August 9, 2012, 12:31 pm
秋 草
島崎藤村作 「秋 草」
8分18秒(青空文庫より)

過日、わたしはもののはじに、ことしの夏のことを書き添えるつもりで、思わずいろいろなことを書き、親戚から送って貰った桃の葉で僅かに汗疹を凌いだこと、遅くまで戸も閉められない眠りがたい夜の多かったこと、覚えて置こうと思うこともかなり多いと書いて見た。  
download

通報する
Posted by yumi at August 9, 2012, 12:31 pmComments(0)
July 31, 2012, 11:44 am
ごんぎつね 2
新美南吉作「ごんぎつね」第2回(了)

9分15秒

兵十が赤い井戸のところで、麦をといでいました。
兵十はいままで、おっかあとふたりきりで、まずしいくらしをしていたもので、おっかあが死んでしまっては、もうひとりぼっちでした。
「おれとおなじ、ひとりぼっちの兵十か」  
download

通報する
Posted by yumi at July 31, 2012, 11:44 amComments(0)
July 21, 2012, 9:59 pm
ごんぎつね 1
新美南吉作「ごんぎつね」 第1回
9分20秒

これは、わたしが小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
むかしは、わたしたちの村のちかくの、中山というところに小さなお城があって、中山さまというおとのさまが、おられたそうです。  
download

通報する
Posted by yumi at July 21, 2012, 9:59 pmComments(0)
July 12, 2012, 3:20 pm
蠅 後編
横光利一作「蠅」 後編
10分31秒

「おっと待てよ。これは倅の下駄を買うのを忘れたぞ。あ奴は西瓜が好きじゃ。西瓜を買うと、俺もあ奴も好きじゃで両得じゃ」
田舎紳士は宿場へ着いた。  
download

通報する
Posted by yumi at July 12, 2012, 3:20 pmComments(0)
July 12, 2012, 12:52 pm
蠅 前編
横光利一作「蠅」 前編
7分18秒

真夏の宿場は空虚であった
ただ眼の大きな一疋の蠅だけは、薄暗い厩の隅の蜘蛛の巣にひっかかると、後脚で網を跳ねつつ暫くぶらぶらと揺れていた。  
download

通報する
Posted by yumi at July 12, 2012, 12:52 pmComments(0)
July 7, 2012, 7:30 pm
杜子春 5
芥川龍之介作「杜子春」 第5回(最終回)
12分22秒(青空文庫より) (杜子春5・6)

杜子春の体は岩の上へ、仰向けに倒れていましたが、杜子春の魂は、静かに体から抜け出して、地獄の底へ下りて行きました。

(雷…かみなり、と読まず青空文庫の通り、らい、と読んでいます)  
download

通報する
Posted by yumi at July 7, 2012, 7:30 pmComments(0)
July 2, 2012, 4:59 pm
杜子春 4
芥川龍之介作「杜子春」 第4回
10分05秒(青空文庫より)

二人を乗せた青竹は、間もなく峨眉山へ舞い下がりました。
そこは深い谷に臨んだ、幅の広い一枚岩の上でしたが、よくよく高い所だと見えて、中空に垂れた北斗の星が、茶碗ほどの大きさに光っていました。  
download

通報する
Posted by yumi at July 2, 2012, 4:59 pmComments(0)
July 1, 2012, 6:00 pm
杜子春 3
芥川龍之介作「杜子春」 第3回
7分10秒。(青空文庫より)

「お前は何を考えているのだ」
片目眇の老人は、三度杜子春の前へ来て、同じことを問いかけました。  
download

通報する
Posted by yumi at July 1, 2012, 6:00 pmComments(0)
July 1, 2012, 4:07 pm
杜子春 2
芥川龍之介作「杜子春」 第2回
6分23秒(青空文庫より)

杜子春は一日の内に、洛陽の都でも唯一人という大金持ちになりました。  
download

通報する
Posted by yumi at July 1, 2012, 4:07 pmComments(0)