ケロログ
January 21, 2017, 9:52 pm
かごんま旅 その2
#270 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。かごんま旅その2を配信。まだまだ鹿児島の話が止まらないセコ道。らくだ、ホンスミの二人も少し乗ってきたような、そうでないような。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at January 21, 2017, 9:52 pm
January 19, 2017, 10:10 pm
かごんまへ その1
#269 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。かごんまへ その1を配信。12月に鹿児島に行ってきたセコ道が興奮冷めやらぬ様子でしゃべりまくり。ちょっと引き気味のホンスミとらくだの二人なのでした。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at January 19, 2017, 10:10 pm
January 6, 2017, 3:18 pm
黙して語るおかんかな
#268 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。新年1本目は「黙して語るおかんかな」を配信。朝ドラウォッチャーのらくださんに、べっぴんさんの見どころを聞きました。本年もよろしくお願いします  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at January 6, 2017, 3:18 pm
November 30, 2016, 8:48 pm
ギョーザに焦がれて
#267 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。「ギョーザに焦がれて」を配信。料理に悩むホンスミさんに、ぼんやりアドバイスしました。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at November 30, 2016, 8:48 pm
November 16, 2016, 11:40 am
夏目漱石『硝子戸の中』を読むんだ。
ナゴヤから折々の駄話をお送りする「ほんぽっど:honpod」です。

今週は好例隔週企画。「ほんぽっど」で丁稚奉公している少年、ピクモン君による「世界の名作を読むんだ。」を放送します。

『硝子戸の中』は胃痛と精神衰弱、文壇での孤立という中で書かれた最晩年の随筆。己の「死」を予感しつつ、その中から「生」の輝きを見出そうとする漱石の執念が感じられます。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at November 16, 2016, 11:40 am
November 15, 2016, 9:17 am
かたわれ時に見つけたの
#266 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。今回は、らくだ×セコ道の映画話「かたわれ時に見つけたの」を配信。「君の名は。」について低テンショントークしています。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at November 15, 2016, 9:17 am
November 7, 2016, 10:12 am
ハンラーの街ナゴヤで行くのだ
#265 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。ケロログ不調のため久々に更新。人気がないと一部で嘆くナゴヤの一手を、ぼんやり3人で考えました。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at November 7, 2016, 10:12 am
November 2, 2016, 9:54 am
夏目漱石『行人』を読むんだ。
ナゴヤから折々の駄話をお送りする「ほんぽっど:honpod」です。

今週は好例隔週企画。「ほんぽっど」で丁稚奉公している少年、ピクモン君による「世界の名作を読むんだ。」を放送します。

「友達」「兄」「帰ってから」「塵労」の四章から成る『行人』は後期三部作の一作。修善寺以来の胃病と痔疾、重度の神経衰弱の中で書かれました。「弟よ、私の妻と一晩よそで泊まってきてくれないか?」と依頼する知識人の狂気が薄ら寒さを感じさせる異色作です。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at November 2, 2016, 9:54 am
October 5, 2016, 12:55 pm
ジェームズ・ディッキー『救い出される』を読むんだ。
ナゴヤから折々の駄話をお送りする「ほんぽっど:honpod」です。

今週は好例隔週企画。「ほんぽっど」で丁稚奉公している少年、ピクモン君による「世界の名作を読むんだ。」を放送します。

ジェームズ・ディッキー『救い出される』はカヌーで川下りを楽しむはずだった四人の男たちの脱出劇。南部独特の濃密な空気と薄気味の悪さは、ジャングルの奥地に自分だけの王国を作ろうとしたコンラッド『闇の奥』のクルツの狂気に通じます。「村上柴田翻訳堂」の一冊です。  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at October 5, 2016, 12:55 pm
October 4, 2016, 5:06 pm
ドイツのみやげ話〜ビュルツブルク編その2
#264 ナゴヤから折々の駄話をお届けする、ほんぽっど。ドイツ帰りのカトーさんのみやげ話のつづき。ビュルツブルク編その2を配信。ドイツのみやげ話は今回で終了です。聞き手はU子&セコ道。でした。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by honpod at October 4, 2016, 5:06 pm