ケロログ
August 14, 2016, 8:46 am
最新の演歌/哀愁の酒/キム・ヨンジャ/パソコンで自作したカラオケ演奏
今、リオ五輪で沸いている。どのTVチャンネルもオリンピックの.中継やハイワイト一色。心配していた日本勢は予想以上の成績でうれしいですね。各国の選手を比較して見ていると「体格」の違いに驚きます。小柄な日本人。それでも対等に戦っているのはすごいです。同じ小柄なアジアの諸国も同じ傾向ですね。でも、がんばっています。最近の傾向としては体格の良いハーフや日本国籍をとった外国人もちらほら。いずれは.もっとこんな選手が増えるのでしょうが、あまりうれしくはないですね。フランスなど選手にはいろんな人種の人が入り混ざっていてどこの国の選手なのかは背中の国名表示を見ない限りわからないです。移民を含め「国」というものの定義や概念や条件が変化しており、いずれ世界中がひとつの国になるのでしょうか。EUが証明しています。差別的な発言のつもりはありませんが日本は大和民族としての伝統的な誇りがあるのではないでしょうか。この点、中国などは国産選手がほとんどでヤッパリいいですネ。別の話になりますが、競技を見ていてスポーツの定義がわからなくなるような種目がありますね。体を大きく動かす技や能力がスポーツとばかり思っていましたが必ずしもそうでないようですね。指の運動のパチンコやパチスロもスポーツになりそうですね。そんなことを感じながら観戦です。日本ガンバレ!!!
――――――――――――
今日の1曲は発売されて20日の新曲、キム・ヨンジャの「哀愁の酒」と言う局で曲名も一般的です。キム・ヨンジャはとても表情豊かな歌手の一人。デビュー40周年と言っていたので猛そこそこの年令ですね。韓国/日本を行き来しての活躍のようです。この曲はスローテンポの8ビートです。
<この歌の歌詞>→ここをクリック(うたnetさん ) 歌詞の表示の際には同時に開いている他のブラウザがあればそれを閉じてください。
<このブログのトップページへ>ここをクリック

作詞:仁井谷 俊也 ○
作曲:水森 英夫  ○
演奏:私、AMIじいさん
JASRAC: 220−3685−7  哀愁の酒 
  

通報する
Posted by AMIさん at August 14, 2016, 8:46 am