October 2, 2016, 6:52 pm
♪能古島の片思い   井上陽水
  詞 井上陽水 曲 井上陽水 1972年(S47)
  Meg'sCover#60


  つきせぬ波のざわめく声に 今夜は眠れそうにない
  浜辺に降りて裸足になれば とどかぬ波のもどかしさ
  僕の声が君に届いたら ステキなのに

1972年(S47)...
僕が高校1年生の時にリリースされた
陽水の傑作アルバム「陽水供船札鵐船瓮鵐織襦繊
その当時はラジオから♪東へ西へ などのむヒット曲が
自分の耳に入ってきていましたが
この歌を聴くことはありませんでした

  冷たい風は 季節を僕に耳打ちすると 逃げてゆく
  ときおり砂は サラサラ泣いて 思わず僕も もらい泣き
  僕の胸は君でいっぱいで こわれそうだ

大学1年生の時...
このアルバムを手にして
陽水をあらためてじっくり聴き込んだ時に
あらためて陽水の世界を
そしてこの曲の存在の大きさを知りました

  遠くに見える灯は 南へ行く船の 幸せかな

♪能古島の片思い...
この曲に込められた陽水の想い
それは恋焦がれる思い
胸いっぱいの恋する切なさ
でも想いが伝えられないもどかしさ
それがさざ波の音ともに何度も何度も心を打ちます

  哀しいだけの今夜の気持ち なにかをすればまぎれると
  星クズなんか数えてみても 涙でそれも続かない
  君が僕のなかに いるかぎり
  波の声で僕は眠れない 本当なんだ




           Album 陽水供船札鵐船瓮鵐織襦
  つめたい部屋の世界地図  あどけない君のしぐさ  東へ西へ
      かんかん照り  白いカーネーション  夜のバス
      神無月にかこまれて  夏まつり  紙飛行機
        たいくつ  ★能古島の片思い  帰郷


【カスタマーレビュー】
★日本の音楽史上に残る傑作
投稿者 百瀬秀彦 投稿日 2002/2/17
日本の音楽史上に残る名作「氷の世界」の発表以前にも、
井上陽水は傑作を創っていた。
個人的に高く評価したいのは♪能古島の片想い という曲。
30年たった今でも新鮮な気持で聴くことができる。
ポール・バックマスターの影響を受けたと思われる
星勝氏のストリングス・アレンジも当時としては斬新なものだった。
40代の人には是非もういちど聴いてもらいたい1枚だ。

★青春の切なさが伝わってきます。
投稿者 とし坊 投稿日 2005/10/27
陽水のセカンド・アルバムなんですが、
青春の切なさを感じるアルバムです。
当時としては、典型的なフォーク・ソングだったと思います。
♪東へ西へ ♪夏まつり ♪紙飛行機は、当時の陽水の定番でした。
♪神無月にかこまれて は何度もレコードを聴いて、
ギター・コピーをしていましたが、
陽水の打つビート〜叩きつけるギターが本当に心地よい感じでした。
♪能古島の片想い は、福岡のご当地ソングで、静かな人気でした。
僕もカラオケでは、今でもこの曲を歌うことがあります。
72年にリリースされていますから、吉田拓郎にやや遅れてはいるものの、
フォーク・ソングが絶頂に向かいつつある頃のアルバムです。


  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by Meg at October 2, 2016, 6:52 pmComments(0)
この記事にコメントを書き込む