ケロログ
作劇塾とは?

「中山市朗・作劇塾」は、漫画家・作家を育成する現場実践タイプの私塾です。
創作に必要な知識や経験を、プロを交えて勉強して行きます。

詳しくは「作劇塾ホームページ」へ!

お問い合わせ
作劇ネトラジに関するお問い合わせは、下記からメールでどうぞ!
要望・ご意見。ご感想など、お待ちしております!

こちらから


2013年04月
最新記事へ
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<<前月
出演者情報

中山市朗
作家・怪異蒐集家・オカルト研究家。「怪談之怪」発起人。
著書に現代実話怪談の集大成『新耳袋』や、聖徳太子の謎を描いた歴史ミステリ『捜聖記』、長編怪談『なまなりさん』などがある。
作家・漫画家などのクリエーターを育成する「作劇塾」を主催し、後進の指導にも力を注ぐ。

August 3, 2012, 7:05 am
Vol.306 『オタクを考える』
ネトラジのロゴ 今でこそ市民権を獲得したオタクの人たち。しかし昔は扱いが全く違っていたようです。生粋のオタクである塾長がオタクについてを熱く語ります。
オタクと呼べるジャンルについては『サブカル』というひとつのキーワードが浮かび上がります。
また創作に向かうオタクとそうでないオタクについても話しております。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at August 3, 2012, 7:05 amComments(19)TrackBack(0)
July 27, 2012, 6:44 pm
Vol.305 『格好いい演出』
ネトラジのロゴ これまで数多くの作品の中で、様々な“格好いい演出”というものがありました。
今回はそこにスポットを当てます。
塾長の仲間である映画監督が、有名な殺陣師を連れてきた時の話なども飛び出します。殺陣師の方は、どのように見せれば格好が良くなるかをきっちり理解して殺陣をつけます。そこにはどのような秘密が隠されているのでしょうか?
塾長による黒澤映画の名シーンの再現もあります。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at July 27, 2012, 6:44 pmComments(0)TrackBack(0)
July 20, 2012, 5:45 pm
Vol.304 『創作の中にある音楽性』
ネトラジのロゴ 物語に求められる要素として『リズム感』というのがあります。リズムという言葉自体、音楽の用語。創作の中には様々な音楽的要素が見え隠れするのです。
今回は『リズム』、『テンポ』などを中心に話を進めていきます。怪談語りのリズムをどのようにして習得したのかを、塾長が語っております。
また“テンポの天才”とさえ形容できる桂枝雀さんのテンポを分析します。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at July 20, 2012, 5:45 pmComments(0)TrackBack(0)
July 13, 2012, 12:03 am
Vol.303 『無自覚と確信犯』
ネトラジのロゴ ネット上での書き込みなど、それほど意図せず書いたものが人の心を傷つけてしまうということがあります。
今回は『無自覚と確信犯』と題しまして、その辺りを掘り下げます。人はなぜバレる可能性が高いにも関わらず、当人と近い人に対して陰口を言ってしまうのか? など中々、興味深い議論が展開されます。
今、話題になっている大津のイジメ問題にも触れております。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at July 13, 2012, 12:03 amComments(0)TrackBack(0)
July 6, 2012, 12:06 am
Vol.302 『ネット社会を健康的に生きる』
ネトラジのロゴ SNSのイジメ問題など最近そういったニュースをよく耳にするようになりました。本来は使い方さえ間違わなければ非常に便利なインターネット。しかし時には人を傷つけ自分自身もダメージをこうむる可能性があります。
今回は『ネット社会を健康的に生きる』と題しまして、クリエイターはどのようにネットを活用していくべきかを議論します。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at July 6, 2012, 12:06 amComments(0)TrackBack(0)
June 29, 2012, 12:03 am
Vol.301 『企画の提案について』
ネトラジのロゴ 今回の議題は 『企画の提案について』。企画というのは、簡単に通るものではなく、何十本、何百本と書いてようやく数本が通るという世界です。
例え結果が芳しくなくとも、その時に巡り合った人脈が後に生きてくることもあると塾長。
20代の頃、企画書を持参し東京へ殴りこみをかけまくった塾長が企画の真髄について語ります!  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at June 29, 2012, 12:03 amComments(0)TrackBack(0)
June 22, 2012, 1:28 am
Vol.300 『知識欲と発見』
ネトラジのロゴ 以前、作劇塾の生徒たちで恐竜展を見に行ったことがありました。興味深かったのが文章コースと、マンガコースでは着眼点が全く違っていたことです。解説文などの情報を読み込むのは文章コース、恐竜の骨格などを食い入るように見つめるマンガコースの人たち、といった明確な違いが出ました。
今回は、文章を普段書いている人と、絵を描いている人の間にある観察の仕方の違い、などに着目した30分です。

※今回、諸事情により中山塾長は出演しておりません。どうかご了承下さいませ。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at June 22, 2012, 1:28 amComments(0)TrackBack(0)
June 15, 2012, 2:12 am
Vol.299 『いじめ問題』
ネトラジのロゴ 昔からずっと言われつつも決してなくなることのない『いじめ問題』。今回はそれについて議論します。
最近でこそ市民権を得たオタクですが、昔は迫害され社会からある種のイジメにあっていた側面もあります。やはり数を増やしてマイナーからメジャーになれば疎外されることはなくなるのでしょうか?
塾長がいじめ問題に絡めて『本物のオタクとは何か?』を語っております。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at June 15, 2012, 2:12 amComments(0)TrackBack(0)
June 8, 2012, 2:34 am
Vol.298 『クリエイターとコラボ』
「プロのクリエイターと絡みなさい!」と常々、塾生に言っている塾長。プロの基準を知っている人と仕事をすると、短期間で様々なものが吸収できるからです。
今回は『クリエイターとコラボ』と題しまして、どのようにすれば、そのコラボレーションが上手くいくのかを語り合います。様々な人たちとコラボ経験のある塾長が、意外と語っていない『新耳袋』の役割分担についても話しております。  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at June 8, 2012, 2:34 amComments(0)TrackBack(0)
June 1, 2012, 6:33 pm
Vol.297 『精神の構造』
ネトラジのロゴ クリエイターたるもの、キャラクターを作り動かす際に『人間心理』をきちんと理解していないと大変なことになります。
今回は『精神の構造』と題しまして、人の深層心理に迫ります。司会の島奈世子が本番中いきなり仕掛けた心理テストに動揺する一同。このテスト後から裏の意図を聞くと意外に本質をついていたりするので、侮れません。
果たして塾長の出した答えとは?  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 作劇塾 at June 1, 2012, 6:33 pmComments(1)TrackBack(0)