October 3, 2016, 6:00 pm
第868号『真面目が肝心』
★こんにちは、タイトル英語イストの加藤です♪ 今回ご紹介するタイトル英語は、アイルランド人作家オスカー・ワイルドの『The Importance of Being Earnest(真面目が肝心)』! 人名・登場人物である「Ernest」との関係に迫ります。

【邦題】真面目が肝心

【英題】The Importance of Being Earnest

【発音】
            ▼      ▼      ▼
    (英国)£ぃいんポーとぅんそvビーいん(ぐ)あーねすとぅ

            ▼      ▼      ▼
    (米国)£ぃいんポーrとぅんさvビーいん(ぐ)うrーねすとぅ

    (▼を強く、小文字・平仮名は適当に読む)
    (「r」は舌を巻く)
    (「v」は、上の前歯を下唇の内側に当てて、震わせながら「ヴ」)

【例文】
"The Importance of Being Earnest" is a drama about a man named Ernest.

『真面目が肝心』は、アーネストという名の男にまつわる戯曲です。

【解説】
  ★ このタイトル英語の詳しい解説ページ
  ★ ダウンロードMP3ファイルの「歌詞」には、
    メルマガ本文の抜粋が記載されています。  
download

通報する
Posted by 福光潤 at October 3, 2016, 6:00 pm