ケロログ
読みの草庵について..
*** 和み庵 朗読の部 ***
エンジニア系サラリーマンが、朗読修業
しながら読みの音声を公開しています。
一味違う?! かも知れないオヤジの朗読
聴いて、和んでいただければ幸いです。
感想・ご意見是非よろしく!!
各記事のコメントか下記掲示板へ!

## Salon 和み庵 ##
和み庵の掲示板へお越し下さい。
新着情報なども時々掲載します。

facebookページ
[夢見る方々応援隊]




和み庵をご贔屓に!
沢山の方に聞いていただけますように!

メニューリストの一番下方にある
[RSS|Podcast]
と書かれたオレンジ色のバナーを
iTunesのライブラリに
ドラッグ&ドロップすると
和み庵の更新が自動的に届きます。

【ブログ村】
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
↑朗読が少しでもお耳に留まったら、是非
クリックして下さい。
SNS
tonositaをフォローしましょうつぶやいてます。
2015年10月
最新記事へ
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月
参加しています。
【ブログ村】
ブログランキング・にほんブログ村へ
RSS2.0
RSS1.0
ケロログ | VOICE BLOG PORTAL
September 10, 2013, 12:12 am
作品紹介 No.001
作品紹介 No.001

作品No.001は
 川上弘美 作
 花野
でした。

★⇒神様(川上弘美)

★⇒そらまめ
  
関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at September 10, 2013, 12:12 amComments(0)TrackBack(0)
September 6, 2013, 3:44 am
お気楽小話 #密か朗読と舞台のお知らせ
またまた”お気楽小話”です。少々お付き合い下さい。
今回は、新企画「密か朗読」と舞台のお知らせです。


 [3'32"/5.0MB]  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at September 6, 2013, 3:44 amComments(0)TrackBack(0)
August 11, 2013, 1:35 pm
朗読修行”英雄の器”(芥川龍之介)
芥川龍之介作”英雄の器”を、再開第一回目としてお送りします。
漢の大将”呂馬通”は、項羽が英雄の器ではないと力説しています。しかし、鼻の高い眼光の鋭い顔の男は、違う見方をしていました。

 [6'53"/4.8MB]  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at August 11, 2013, 1:35 pmComments(0)
August 11, 2013, 1:28 pm
お気楽小話 #和み庵の再開
実に3年ぶりの”お気楽小話です。
和み案(読みの草庵)、再開のご挨拶です。

 [1'39"/1.2MB]  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at August 11, 2013, 1:28 pmComments(2)
May 31, 2010, 10:25 pm
朗読修行”やまなし”(2)(宮澤賢治)
宮澤賢治作”やまなし”。二つの青い幻燈のうちの二つ目です。
十二月の川底です。夏秋を経て様子が変わっています。こんどはかわせみの代わりに”やまなし”が水の中に落ちてきます。
蟹のお父さんに連れられて、蟹のこどもらも流れていくやまなしを追いかけていきます。

 [5'10"/1.5MB]  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at May 31, 2010, 10:25 pmComments(0)TrackBack(0)
May 23, 2010, 11:47 pm
朗読修行”やまなし”(1)(宮澤賢治)
宮澤賢治作”やまなし”を2回に分けて公開します。今回は、二つの青い幻燈のうちの一つ目です。
五月の川底で、蟹の子供らが見ているクラムボンは、お魚の動きに影響を受け、そのお魚はくちばしの黒く尖がったかわせみにつれていかれます。
子供らは怖がりますが、蟹のお父さんは大丈夫だと子供らに話します。

 [6'44"/2.0MB]  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at May 23, 2010, 11:47 pmComments(0)TrackBack(0)
April 11, 2010, 10:04 pm
朗読修行”がちょうのたんじょうび”(新美南吉)
新美南吉作”がちょうのたんじょうび”です。
がちょうのたんじょうびに、動物仲間がまねかれて集まりました。
後はいたちが来ればみんな揃うというので、うさぎが誘いに行って「今日はおならをしない」という約束で呼んできます。
みんなはいいぐあいに誕生日が過ごせると思いましたが、おならを我慢していたいたちはとうとうひっくりかえってしまいます。やっぱり呼ばない方が良かったと、みんな思うのでした。


[4'00"/1.2MB]  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at April 11, 2010, 10:04 pmComments(2)TrackBack(1)
March 28, 2010, 9:04 am
日本昔噺"雪娘と烏娘"(後)
”雪娘と烏娘”後編。
その国の若殿様が嫁をとろうと国中におふれをまわします。寡婦の母は、妹娘可愛さに絵師に嘘の絵を書かせ、黒くなっていしまった娘の顔・体をおしろいで誤魔化して、若殿様の元へ送りましたが、おしろいが剥がればれてしまいます。妹娘を引き立てて寡婦のところに行った家来達にとまった雪娘の姉は、若殿様にも気に入られ嫁になって幸せに暮らしました。


[5'42"/1.6MB]

巌谷小波 叢書「日本昔噺」より、第廿壱編附録  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at March 28, 2010, 9:04 amComments(0)TrackBack(0)
March 22, 2010, 10:37 pm
日本昔噺"雪娘と烏娘"(前)
”雪娘と烏娘”前編。
寡婦(やもめ)には、二人の娘が有りました。継子の姉と実の娘の妹。妹ばかり可愛がる母に、悲しい思いをしながらも、姉は気立てが良く人に優しい娘でした。ある日、母と妹が邪険に扱った旅人に優しくしたことで、まじないをしてもらい、白くて綺麗になり、雪娘と呼ばれるように成りました。逆に妹は、まじないで黒くなり烏娘と呼ばれることに。。。


[8'33"/2.5MB]

巌谷小波 叢書「日本昔噺」より、第廿壱編附録  
  download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at March 22, 2010, 10:37 pmComments(0)TrackBack(0)
February 15, 2010, 12:38 am
お気楽小話 #リハーサル
今回は、リハーサルのお話です。

今回公開作品
◆朗読作品No.03:永日小品『元日』 <夏目漱石>[7'08"/4.2MB]
◆朗読作品No.04:赤い蝋燭 <新美南吉>[4'48"/2.8MB]


[3'53"/1.1MB]  
download

関連タグ:【追加】【削除】
通報する
Posted by 殿下信平 at February 15, 2010, 12:38 amComments(2)TrackBack(0)